天空忍者の日記

音楽貼ったりいろいろな記事を書きたいと思いまーす>ω<b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ORANGE RANGE 「瞳の先に」




ORANGE RANGE 瞳の先には、2008年07月08日発売の21stシングルのPV視聴動画。

NHKドラマ8『ふたつのスピカ』主題歌。 真夏に贈る究極のバラードであり応援歌でもあるとのこと。CD発売前にFCイベント「AIDJAM 009」で披露されていた。


ORANGE RANGE 「瞳の先に」…の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | オレンジレンジ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ORANGE RANGE




ORANGE RANGE 「おしゃれ番長 feat.ソイソース 」
ORANGE RANGE おしゃれ番長 feat.ソイソースは、2008年11月12日に発売のシングルPV動画。

グリコ ポッキーチョコレートのCMソングとしてタイアップが決定し、大量オンエアされることでCMに出演している忽那汐里さんとともに話題に。







別窓 | オレンジレンジ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

オレンジレンジ

シアワセネイロ
アニメ「コードギアス 反逆のルルーシュR2」のエンディング・テーマの『シアワセネイロ』が先行配信シングルとして2008年6月15日から配信スタート。

『シアワセネイロ』のPVには俳優の山田孝之・関めぐみが出演。5分間のラブストーリに仕上がっている。



イケナイ太陽
『イケナイ太陽』は、ORANGE RANGEの17枚目のシングル。2007年7月18日発売。

翌週に発売されるベストアルバム『ORANGE』『RANGE』にはショートバージョンが収録される。今作の初回盤にはシングルとしては『落陽』以来となるDVDが付属。また、通常盤は表題曲とそのカラオケバージョンのみなので、816円と言う廉価でのリリースとなった。初回盤と通常盤とではジャケットが微妙に異なる。前回と同様、ジャケットにはロゴが描かれていない。


チャンピオーネ
オレンジレンジ チャンピオーネは、3ヶ月以上かけて作られ、NHKの2006 FIFAワールドカップテーマソングに抜擢された。が、あえてサッカー関係の歌詞は使われていない。タイトルは造語であり、カンツオーネなどの響きが使われている。他のタイトル候補に『サンバ・ババンバ・ズバババーン』『サンバDEいいんじゃねぇの?』の他、100以上の候補があったが、TV出演時のナレーションを想像し、一番言いやすいものに決まったという。彼らの普段のシングルとは違った作風の曲のため、ファンの中でも「傑作」「駄作」と意見が分かれている。

ミチシルベ~a road home~
オレンジレンジ ミチシルベ~a road home~は、ORANGE RANGEの楽曲として初めてオリコン週間1位を達成した曲である。ここから『チャンピオーネ』まで9作連続首位獲得。

これは2001年以降にデビューしたアーティストの中では最高記録である。発売がちょうど卒業シーズンだったため、歌詞に共感した人が多く、人気のある曲である。


SAYONARA(サヨナラ)
オレンジレンジ SAYONARA(サヨナラ)は、ドラマ「鉄板少女アカネ!!」主題歌。

PVにはユースケ・サンタマリアと羽田実加が出演している感涙作品。メンバーは一切出演していない。9分以上に及ぶ大作。CDの演奏時間は「1st CONTACT」に収録されている「落陽~long ver.~」よりも長い6分7秒にも及ぶ。


キズナ
Orange Range キズナは、映画に続きドラマの『いま、会いにゆきます』の主題歌も彼らが担当。

ということで今回も、グッド・メロディを大きなスケールで歌い上げたお得意のパターンで不器用な恋の行方をドラマティックに彩ってます。 CDジャーナル

お願い!セニョリータ
Orange Range お願い!セニョリータは、彼ららしい夏のジャンプ・ナンバーは微炭酸飲料“MATCH”のCMソング。

合間の「ウッ!」とか「ハッ!」というマンボな合いの手は。。。彼ららしい遊び心満載の曲。



Orange Range 花
映画『いま、会いにゆきます』の主題歌として話題の8thシングルは、映画に感銘を受けたメンバーが一晩で詞を書き上げたというオレンジレンジ初の本格的なラブ・バラード。

泣けます。 CDジャーナルより

アスタリスク
Orange Range アスタリスクは、「ミチシルベ~a road home~」や「花」など叙情が勝ったヒット群からすると、意外なくらいアグレッシヴなシングル。

素朴さととげとげしさ、いずれもを備えている点がまた沖縄らしい? (2)の歌詞の他愛なさに、平均年齢はたちそこそこの稚気も。 CDジャーナルより





別窓 | オレンジレンジ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 天空忍者の日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。